EDには器質性や心因性など様々な原因でなる場合が多いです

2020年05月17日

EDは加齢による老化現象と言われていますが、実際には複数の原因が関係していることが多く、よくあるのは器質性や心因性などの要因であり、これらを明確にしたうえで対策することがED治療法の第一歩になります。器質性の症状とは主に血管や神経に由来する症状のことで、動脈硬化につながる生活習慣全般が関係していることが多く、例えば脂質異常症や糖尿病・喫煙などは大きく影響していますので、これらを改善することが重要です。心因性の症状とは心の問題が絡んでくる症状であり、セックスの失敗や日頃のストレス、過度の緊張などが大きく関係していますので、これらを自覚して解消していくことが勃起力を本来の状態まで復活させる鍵になります。

加齢によってEDが発症する場合の多くは器質性の症状であり、動脈硬化は年齢とともに着実に進行していく症状であるため、若いころはまったく問題のない人も40代くらいからは高確率でEDが発症すると考えてください。ヘビースモーカーの人や暴飲暴食をする人は血液がドロドロになりやすいので、生活習慣を見直して健康生活を送るように意識し、まずは生活習慣病を改善して健康診断の数値を正常に戻していく対策を実践しましょう。

不規則な生活が習慣化していると、20代~30代くらいからでもEDを発症する可能性があるので、まずは食生活と運動・睡眠の3つの習慣を見直してみて、不健康な状態を少しずつ健康に近づけていく必要があります。体質は一気に変えられるものではありませんので、生活習慣を改善しても即座に器質性EDが改善することはなく、体質改善には少なくとも3ヶ月はかかると考えて、長期的なプランを立てたうえで生活改善をしてください。

心因性のEDは精神疾患が大きく関係していますが、それ以外にも不安やストレスが引き金になりやすいため、心身のダメージとなる習慣を取り除いていく対策が必要であり、まずはストレスの原因を突き止めることが大事です。器質性と心因性のEDは併発することもありますので、例えば健康診断の数値が改善しても下半身の状態がよくならない場合は、無意識のうちに不安やストレス・悩みなどを抱え込んでいる可能性が高いと考えてください。EDの原因は複数が絡み合っていることが多いので、ひとつの原因を解消しても別の原因があれば問題解決にはつながりませんから、原因を特定できない場合は男性の悩みに強い専門クリニックで検査を受けてみるのが得策です。

関連記事
ED改善には筋トレが高い効果をあげることができるものです

ED改善のためには適度に身体を動かすのが好ましく、ウォーキングは効果的なダイエットとされていますが、ほかにも基礎代謝の増進に役立つ筋トレがおすすめで、筋力を強化しつつ代謝を上げていくので健康になれます。筋肉が多いほど太りにくい体質になれますが、これは体脂肪や血中脂質の蓄積を抑えられるためで、逆に筋肉...

2020年06月15日
エムラクリームは長い持続時間を保持するクリームとして知られます

エムラクリームはリドカインとプロトカインを有効成分とするクリームで、皮膚を鈍感にする作用から脱毛時の麻酔用に使用されることが多く、個人で入手する場合は医師の処方薬のため医療機関で購入することになります。麻酔用に使用されるだけあって早漏対策にも効果的で、塗布すると持続時間が大幅に延びるという声が聞かれ...

2020年04月21日
早漏改善にはクリームを塗るのが高い効果を得ることが可能です

個人輸入通販サイトでは早漏改善に役立つクリームが販売されています。これは陰茎に塗布して感覚を適度に麻痺させることで持続力を延ばすのが目的であり、使用する量にもよりますが数倍に延びることが少なくありません。確かにクリームを塗布して鈍感になった分だけ快感は減退しますが、もともと早漏の男性は性行為時の快感...

2020年04月17日
スーパーPフォースの購入には個人輸入の活用がおすすめです

プリリジーやバイアグラなどは男性専門のクリニックで処方していますが、スーパーPフォースに関しては国内未承認のため医療機関では取り扱いしておらず、入手するためには個人輸入通販サイトを利用することになります。個人輸入ならスーパーPフォースなどのジェネリックを安く購入できますし、原則として薬機法の制限を受...

2020年04月14日
スーパーPフォースには頭痛やめまいなどの副作用があります

スーパーPフォースはダポキセチンとシルデナフィルをW配合した早漏・ED治療薬で、両者の成分は医師の処方箋がなければ購入できない成分であり、服用においては頭痛やめまいなどの副作用があることを知っておく必要があります。最も発生しやすいのは頭痛で、次いでほてり・めまいという順番で発症し、頭痛に関しては7~...

2020年04月11日